池袋の長島はり灸マッサージ院なら1回で効果が実感できる鍼灸が受けられます!

長島はり灸マッサージ院


当院の「お灸」とは?

<お灸の特徴>
冷え、血行不良、貧血、ホルモンバランス、慢性の痛み、など沢山の効果があるお灸とは?

熱くなく、跡に残らない、身体に優しくて、それでいて温かい…というのがお灸の特徴です。

昔のようにむやみやたらに火傷を負わすことではなく、足りない部分に(東洋医学では虚)状態を観察しながら灸をすえて行きます。

なぜお灸が良いの?gfhgfhgfhf.jpg

血流の悪くなった箇所へじんわりと温かいお灸をしていきますので血流の改善、各臓器への活性、酸素や栄養分の補給、リンパ液や組織への活性をしていきます。もともと人間の身体は暖めることにより、自然に回復する備えた機能がありますが、身体が冷えていると本来持っている免疫細胞の向上が出来ず防御能力が下がっていきます。

すると細菌やウイルスにかかりやすくなりいつでも体調が優れない状況になり、けだるさ、痛み、重だるさなどのマイナス要素が襲い掛かり悪循環が続きます。定期的なお灸で機能低下(悪い部分)の箇所にやることで徐々にカラダの元気を取り戻し痛みやダルさが軽減していきます。

どんな症状に効くの?
  • 肩こり、腰痛などの慢性的な痛み、急性の痛み、倦怠感などを解消。
  • 血流障害、冷え、肌の乾燥の循環器能の回復。
  • 自律神経が刺激されて、本来ある良い状態に安定する。
  • 消化器、内臓器などの活性により機能向上して排便や老廃物の除去などが早まる。
  • 脳梗塞後遺症での痛みの軽減と筋力低下予防
  • ALSやパーキンソンの筋力の低下を防ぐ刺激
  • 癌(悪性腫瘍)などの痛みの軽減

※皮膚は最大の臓器でありそこを刺激すると、リンパ液、ホルモンバランス、免疫機能も高まります。外部と接触する機会の多い皮膚は、一見すると丈夫そうに見られがちですが、実はデリケートで身体の異変をいち早く我々に知らせてくれるので病気に発生する前に未然に防ぐことが出来ます。
 

悪い箇所には必ず「冷え」が存在していて、素手でその箇所を触ると他の場所と違いがよくわかります。そこを指標にお灸を行います。
ff84249ae42951b04c4178ed3620ad1b_msas.jpg

お灸の種類

モグサを使い患部に置いていくわけですが、モグサを置く場所は経穴(ツボ)にそって置いていきます。
モグサの大きさも、お米のサイズやその半分、または糸状に細くコヨリのようにしてやる物や、硬い、柔らかい、灸の回数なども決めて
①痛みをピンポイントで取る直接灸。(熱くありません) kyuu01.jpg
②慢性的な腰痛や肩こり、冷えなどに有効なお灸。
kyuu02.jpg

③内臓や腰痛に効く箱のお灸。じんわりと心地よく眠りを誘います。

kyuu03.jpg


上記の写真が当院で行われているお灸の写真ですが、この他にもまだ数種類ありますが、
現在は温かいお灸を好まれるのが多いので、熱くないじんわり温かくなるお灸で痛みを回避しています。


お灸がなぜ効くのか?
血管が広がり血流が良くなる。160223matsu01.png
 
特にじんわりと温かいお灸は、不妊症、関節痛、慢性的痛みにとても効果を発揮するので治療には欠かせません。
痛みを出す成分(白血球から出るもの)が多量に分泌されて痛みを引き起こすことが俗に言う「炎症」です。
この「炎症」は身体が治る過程でとても大切なので痛み止めや鎮痛剤、シップなど使わない方が治りもはやくおススメです。

お灸の熱が身体に伝わると白血球から血管を広げる拡張物質が出てきて、リンパ球などの免疫細胞が活性化され、
身体が本来あるべき健康で良好な良い状態に戻すことが出来ます。

お灸の成分であるモグサは「ヨモギ」から作られていて、そこから綿毛を取り出し作られた物がモグサです。
何千年も前から使われていたこのモグサ、昔の方の知恵がいかに凄い事だったのかが伺えますね。


長島はり灸マッサージ院のご案内

住      所:

〒171-0014
東京都豊島区池袋2-53-12
中條ビル301号

アクセス:

JR池袋駅から徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
03-6914-2217
営業時間:

9:30~21:30まで
(※最終受付20:30)

定休日:

不定休

メールでのお問い合わせ


クービック予約システムから予約する

ページ上部へ